吉田のり子のブログ

アロマセラピストのブログについて

笑顔が輝くわけは・・・

  • School
  • 2018/03/28

3月もあと数日で終わります。外は一気に春めいてまいりましたね桜

この時期は卒業や転勤などで「別れ」を経験する人も多いですよねえーん

 

フィトナチューラのスクール、北海道ホリスティックハーバルスクールでも、

「シニアハーバルセラピスト養成講座」のクラスが修了日を迎えましたなみだ

 

4人の受講生さんと1月からスタートしていましたが、先日、全36時間を完走いたしましたキラキラキラキラ

 

最終単元に「論文発表」があります。

みなさん、それぞれ気になっていた事を論文にしてくださいました嬉しい

 

お忙しい中、少しずつ時間をみつけて作り上げた素晴らしい努力の証ですきらきらうっとり

 

ハーブの色素成分を活かして作った虹色のティーhowa*

こんなにもきれいな色がハーブで実現できるのですねバンザイ

 

成分についてもしっかりとまとめて発表されていましたバラ素晴らしいドコモ絵文字

タイなどでよく飲まれている「バタフライピー」のご紹介もあり、

私はまだ飲んだことがなかったので、とても気になっています葉

 

そして、ご自分の気になる体調をハーブで調整できないかー と、

血液検査結果も資料に差し込まれた、説得力のある発表もありましたよきらきら

貧血だったのが、ネトルハーブでかなり数値がアップされてました。

顔色もよくなって、美容効果も上がっているご様子きらきらきらきらきらきら

 

美味しく体調管理♪ということで、

おからとハーブ(ネトル&マルベリー)のヘルシークッキーレシピ付きバンザイ

私も作ってみたくなりましたニコッsei

 

シニアハーバルセラピストではまだ植物化学成分を詳しく学びませんが、

ハーブの有効成分といえば、代表格ともいえる「フラボノイド」についての論文も

ハーバルプラクティショナー資格を見据えて、

他の受講生さんも興味深く発表に聞き入ってましたじっ

フラボノイドは野菜や果物などのさまざまな植物に含有されている

様々な作用が期待できる成分キラキラ

健康管理には欠かせない成分のひとつですねポイント

 

 

そして「ヒルデガルトの自然療法」を調べてくださったTさんは、音楽をお仕事にされている方。

ヒルデガルトに興味をもったのは「音楽」の共通点からだそうですニコッ

ハーバルセラピストのテキストにも少しだけヒルデガルトの記述がありますが、

今日の発表で受講生のみなさんがヒルデガルトを深く知れて良かったですbenkyou☆☆

皆さんで、「神からの啓示」に盛り上がりました(笑)

 

 

どの発表も素晴らしく、私も勉強になりましたニコッ

論文を作るのは簡単ではないけれど、

あきらめないで挑戦した先には、その方にしか得られない感動がありますがんばる

 

授業の最後に撮った写真↑は、皆さんの笑顔が輝いていましたキラキラニコッキラキラ

5月には試験がありますが、どうぞ切磋琢磨して毎日を過ごしてくださいね頑張る

 

 

次のシニアハーバルセラピスト養成講座のご案内です花

***札幌本校***

■水曜集中コース2018年7月18日スタート
10:30~15:00(休憩30分)
開講日程:2018/7/18, 7/25, 8/1, 8/8, 8/22, 8/29, 9/5, 9/12, 9/26(9レッスン)

 

***旭川校***

■火曜集中コース2018年7月17日スタート
13:00~17:10(休憩10分)
開講日程:2018/7/17, 7/24, 7/31, 8/7, 8/21, 8/28, 9/4, 9/11, 9/25 (9レッスン)
※2名以上で開講

 

http://phytonatura.com/service/school/medical-herbs/senior-herbal-therapist/131/

 

変化を受け入れる(^-^)vそして植物療法でセルフメンテナンス♪

  • つぶやき
  • 2018/02/16

 ポイント今日は「変化」について最近感じている事を書いてみようと思います。

今まであまりこういった内容でのブログは書いていませんでしたが、たまにはいいか・・・という事で(笑)

私もそれなりに人生経験を積み重ねてきているわけですがまったり

「変わる」って難しいことだな~とつくづく思っています困

それは周りの人達との関わりから感じることが多いのですが、

自身の事についても同様に感じていますむぅ…

私・・・節分以降、さまざまな変化の渦中にいるようです困った

いろいろな問題勃発で、その変化に対応していかねばならない状況あせ

確かに大変ではありますが、よくよく考えてみると、

棚上げしていた問題を片づける時がきたとも取れます汗

「あれ?こんな感じ初めてじゃないな」と気が付いて昔を思い出してみると・・・

実は、過去にも渦にもまれた事、あったんですよね~doki*

あの頃は無我夢中で前に進むしかなかったのですが、

色々な経験をさせていただいた事で今があります嬉しい

試練を苦しいものとしてみるか、自分を成長させるものとしてみるか

ここがポイントポイントかもしれませんねhowa*howa*howa*

アロマテラピーアロマオイルやメディカルハーブラベンダーはそんな私を

いつも癒してくれる緑の薬箱ミント

切っても切り離されないパートナーみたいなものですニコッ

じっくりと自分を見つめたい時のバスタイムにスイートオレンジ精油のバスソルトお風呂

ちょっと心が疲れたと感じた時にパッションフラワーとリンデンのハーブティーホット

かなり無理しちゃったな~という時にはエゾウコギチンキやドリンクドリンク

    SAYU ハーブ  ミント  SAYU ハーブ  マジョラム  ネロリ  ゼラニウム     ・・・etc音符音符音符

そんなちょっとした事で、また前に進もうという気力が湧いてくるのです葉

知識も必要ですが、知っているだけでは何の役にもたちません。実践あるのみ!

身近にあるハーブやアロマを活用しましょうキラキラ音符

どうぞ皆さんも変化を恐れずに

ハーブやアロマで自分を癒しながら前に進んでくださいねニコッ

大人の社会見学【ビート資料館】

  • つぶやき
  • 2018/01/10

いつもフィトナチューラのスタッフブログをご覧くださいまして、ありがとうございますニコッ

先日の三連休は帯広に行ってきましたくるま。R

移住計画がちらほら出るほど北海道十勝好きな私きらきら

これまでもブログで何度か十勝のガーデンなどをご紹介していますが、

今回は冬という事で、宿の勧めもあり、「ビート資料館」に行ってみました散策1

日本甜菜製糖(株)が創立70周年を記念して平成元年にオープンしたそうですから、

なんと今年で創立100周年という事になりますね~キラキラ

清水館長さんが熱く日甜の歴史を語ってくださいましたhowa*

日甜さんの歴史が帯広の歴史に深く関わっていた事や、

製糖業の他の会社との違いなども知ることができましたがんばる

これはビートの栽培に使用するペーパーポットです。

深さによってその植物に適した栽培になるという事で数種類のポットが展示されていました四つ葉

(下のポットがビート用です。)

ビートの根は深く伸びるのですね~ポイント

そして、砂糖の分類や成分の違いなども分かりやすく展示されていましたよニコッ

ここで館長さんが力説されていたのは、白い砂糖と茶色い砂糖の違いについて。

多くの人が三温糖の方がよいと思っているけれど・・・(中略) 。

http://www.nitten.co.jp/brown.html

↑日甜さんのHPからご覧くださいませ花

私個人としては砂糖が大好きではないのだけれど、

「スズラン印のお砂糖」といえば子どもの頃からとても身近な存在でしたから、

今回、大好きな十勝の歴史にもふれることができて大満足ですうっとり

1時間以上、ひっきりなしにご説明くださった清水館長さん。

その愛社精神湯気がひしひしと伝わってきて感動しました音符音符音符

これからもお元気でビート資料館でご活躍されることをお祈りしています。

ありがとうございましたニコッ

そして・・・

もうお正月気分もそろそろ終わりなんですが、

これ、「仏手柑」というミカン科の植物です。

大変珍しいらしく、私も今回、常宿の入り口のお正月飾りで初めて見ましたバンザイ

両手のひらを合わせて「しあわせ」・・・ そんな見るからに縁起が良くなるような風貌の仏手柑。

古来中国では不老長寿の薬にされていたり、日本でも商売繁盛の聖果実として、

お祝い事やお正月の飾り付けにも使われるそうですポイント

2018年もこのような素晴らしい出会いからスタートする事ができた事に感謝ですキラキラ

そして、今週から来週にかけていくつかの講座がスタートいたします。

1/12 アロマブレンドデザイナー養成講座

1/13 ハーバルセラピスト養成講座

1/14 ホリスティックヘルス塾

1/16 ホリスティックヘルス塾

また新たな受講生さんたちと出会えることにわくわくしています葉

各クラス、少々残席あり。受講生まだ募集中です♪

はじめての味噌作り その1

  • つぶやき
  • 2017/12/21

昨年のこの時期は修了生さんに味噌を作ってもらったのですが、

あまりの美味しさに感動し嬉しい、手作り味噌の魅力にハマりました葉

今年は自分で作ってみようと思いたち、

当校の講師をしている宮宗先生に助けてもらいながらの味噌づくりですがんばる

今日は豆の選別をした後、洗って水に浸ける・・・

の作業までやりたいと思いますhowa*

それでは豆のご紹介花

宮宗先生的にこれが美味しいとのオススメで、

今回は青大豆を使うことになりましたポイント

この「うす青大豆」は希少な品種らしく、

私も今までホールで見たことがありませんでした。

この豆はへそが黒いのが特徴との事ニコッ

そして、少し選別をします。

無心で豆ひとつひとつに向き合う(笑)

こういった時間も癒しにつながりますね~きらきらうっとり

つづいて、洗います困った

家事の中でも「水を使って洗う」というのが大嫌いな私ですが、

今回は美味しい味噌作りの為、無言で冷たい水で洗います泣く

水が澄むほどキレイになったら、

洗った豆を容器に移して3倍ほどの水に浸けておきます。

たっぷりの水の中でじわじわ水を吸収してやわらかい豆になるのですね~キラキラ

今日の作業はここまでですバンザイ

続きの作業は明日~ニコッ

明日もブログでご紹介しますのでお楽しみに好き

今日のブログ画像は青大豆だらけ・・・

主役だから仕方ないか(笑)

最後までお読みくださりありがとうございますニコッ

ハーブでセルフメンテナンス♪【胃腸の不調編】

  • School
  • 2017/12/19

今日は教室スペースで「ハーバルセラピスト養成講座」の授業をしている為、

ブログでも皆さんにその一部の知識をお伝えしたいと思いますポイント

【胃腸の不調】

この時期に多くなる不調に胃もたれや胃痛、便秘などの胃腸の不調があります。

原因は様々あると思いますが、消化器系は精神的なストレスが反映されやすいこともあり、

ストレスケアもおさえておかなければなりませんねハーブ

また、食事内容では、暴飲暴食、冷たい飲み物や食べ物などにも注意が必要です。

基本的なことではありますが、このへんの知識はまずおさえておきましょうねポイント

そうとはいえ、12月はクリスマスクリスマスや忘年会シャンパンなどの楽しい会食の機会が多くなってきます。

普段食べないものを食べたり、量が増えたり、またアルコールを飲むことになりますから、

不調がおきる前にセルフメンテナンスをしておくことが植物療法をおこなうポイントです頑張る

では、植物療法では何をどう使っていくのでしょう?四つ葉

胃腸の不調には、

 ジャーマンカモミール

 フェンネル

 ウスベニアオイ

 マシュウマロウ

 ペパーミント

 ダンディライオン   などなど のハーブを活用します。

それぞれにアプローチの特徴があるのですが、

今日はジャーマンカモミールをご紹介です!

多様性が豊富な緑の薬箱の定番ハーブと言えば「ジャーマンカモミール」。

ジャーマンカモミールはストレスケアでも使えますし、胃炎のファーストチョイスとしてオススメのメディカルハーブです。

(キク科アレルギーの方は使用をお控えください)

ジャーマンカモミールのハーブをポットに小さじ強1を入れて、

熱湯を注ぎ、3分間、抽出してください。

ゆったりと抽出の3分間を楽しむのもポイントになります。

カップに注いだ後は香りを吸い込んで、ゆっくりと飲んでください。

ジャーマンカモミールはアピゲニンやルテオリンなどのフラボノイドや、

香り成分である精油が豊富に含まれるハーブですカモミール

「ハーブティーをいれて飲む」という単純ともいえる動作の中に、

成分を摂りこむことと、五感を快く刺激するひとときを意識してみましょうニコッ

そして、アロマハンドタッチングケアも取り入れることで相乗効果が期待できますうっとり

アロマハンドタッチングケアの詳しくはこちら

https://ameblo.jp/pnatura/entry-12336280541.html

他のハーブ達もそれぞれの特徴がありますので、またの機会にご紹介できればと思いますニコッ

葉。また、当然ながらハーブや精油は薬ではないため、

栄養・運動・休養を整えながらハーブを生活の一部として楽しんで続けていく事で

この先の体調や体質に良い変化を感じることができますバンザイ

どうぞセルフメンテナンスにハーブを活用してくださいね。

ポイントどのタイミングで植物療法を行うのが良いのか・・・

これは、少しでも心身のバランスの崩れを感じることがあったら、

すぐにセルフメンテナンスをおこなう事が健康維持のポイントですきらきら

悪化してからですと植物療法で対応するのは難しくなりますのでご注意ください。

どうぞ、ご自分やご家族の健康維持のためにハーブでセルフメンテナンスを取り入れて下さいねニコッ

ご相談は店頭やご予約で受け付けています。

JAMHA認定ハーバルプラクティショナー/

        ホリスティックハーバルプラクティショナー

                  吉田のり子

ページトップへ
ページトップへ
フィトナチューラオンラインストア PhytoNatura OnlineStore