ハーブの効能は健康と美容に効果的です

ハーブが持つ神秘の力

ハーブが持つ神秘のチカラ

世界中で親しまれているハーブの1つにカモミールがあります。 リンゴを想わせる甘い香りで夢見るように咲く可憐な花です。カモミールの和名を カミツレといいます。 そして学名はラテン語でマトリカリア・カモマイラ。マトリカリアとはマトリックス、つまり子宮を意味しています。 髪を優しくいたわるシャンプーとしてカミツレという成分を耳にしますが、 生理不順やホルモンバランスの乱れは、時として髪のハリや潤いまでも奪ってしまうのです。 「髪は女の命」という言葉がありますが、艶やかで健やかな髪は今も昔も永遠の憧れです。 けれども女性が表舞台で活躍する場面が増える一方で、 抱える悩みや苦労も比例する現代のストレス社会では健康と美容の両面から心身にかかる負荷も大きくなるのです。続きを読む

ハーブが持つ神秘の力①

ハーブが持つ神秘の力②

ハーブが持つ神秘の力③

ハーブは紀元前の昔から人々の生活の中で見出され、長い年月をかけて根づいてきました。 自然植物の持つ効果・効能が明らかになる遥か以前から古代の人はその作用を経験として、知恵として受容してきたのです。 カモミールが婦人科系にもたらすチカラを連綿と続く歴史や伝統から継承してきたのです。 それゆえに、このジャーマン・カモミールをドイツでは「母の薬草」、中国は「母菊」、フランスでは「貴人の花」と呼んでいます。 いずれも母なる女性を示しています。 女性の月のリズムはホルモンで支配されホルモンによって動かされています。そして心とも密接に繋がっているのです。 鎮静と高揚、緩和と活性などホルモンはこの真逆の作用を両の天秤に乗せてデリケートにバランスをとっているのです。 人は本来、バランスを崩すと元に戻そうとする自然治癒力を備えていますが、 この自然治癒力に働きかけるある種の機能を持った薬草をメディカル・ハーブといいます。 たとえば女性ホルモンを整えたり、PMSの不快感を和らげるなど有用性のある植物です。 このほかにも生活習慣病の予防や日々の健康管理、美容効果をもある生活に役立つ薬草などです。 メディカル・ハーブの何よりの強みは1つの植物に含まれる多様な成分が相乗的に功をなす神秘のチカラです。 太陽の恵みを受けて育った植物の未知の可能性に 大きな期待を寄せているのです。これらのハーブを暮らしに取り入れ、 心の内側から輝く笑顔で過ごせるように彩りのあるワークライフバランスを充実させてみませんか。 フィトナチューラがさまざまなハーブの活用を提供いたします。

ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ
フィトナチューラオンラインストア PhytoNatura OnlineStore